美容整形

目が開きにくい症状

医者

眼瞼下垂の治療は形成外科で行うことができます。眼瞼下垂は放置しておくと、おでこのしわや肩こり、頭痛などの症状も起こることがあります。手術になりますが、保険適用内です。眼瞼下垂の治療とともに、さらに目元の美しさを追求したいなら美容形成外科がおすすめです。まぶた手術の組み合わせで、理想の目元になれます。

詳細を確認する...

まぶたを開かせる手術

ダウンタイムは長め

女性

目を開けていても、まぶたが瞳孔にかぶさっているなら、眼瞼下垂と診断されます。原因には先天的なものと後天的なものがありますが、重症になると物が見えにくくなり、肩や首の凝りがひどくなります。また自律神経の働きに影響し、うつ状態になったり、最終的には目が開かなくなることもあります。眼瞼下垂の名医は、いくつかの手術法を考案しています。眼瞼下垂の手術は美容整形で二重まぶたを作るのとは違い、ダウンタイムが長いので注意が必要です。手術後1〜2週間で抜糸しますが、この間は強い腫れが出ますし、1〜2か月ぐらいは腫れが残ります。名医が手術しても、傷跡が完全に目立たなくなるまでには半年ほどかかります。出来が悪いと再手術が必要な場合もあります。

美容面にも配慮

眼瞼下垂の手術は、まぶたの筋力が残っている場合には、皮膚を切り開いて余分な組織を取り除きます。筋力が衰えているときは、額の筋肉でまぶたを動かせるように組織をつなげます。ただし手術法によっては、目を完全には閉じられなくなることもあります。眼瞼下垂の手術には保険も適用できますが、ただまぶたを開かせるだけでは名医とは言えません。手術後に目の大きさが左右で違ってしまったり、まぶたの形が不自然になったり、上がりすぎたり下がりすぎたりすることもあります。経験豊富な名医は、術後の見た目を重視して、切開や縫合の位置をミリ単位で調節します。今後はこのような、美容面にも気を配った手術が支持され、普及していくと考えられます。